TEPPENに辿り着くまで

手越さんとNEWSについてゆるい中堅ヲタが考察するぶろぐ ついったー→@rei_news_99

約10年NEWSを見続けたファンが、丸6年ぶりに四季魂・宝石魂を観た話。

 

 
 

こんにちは、最近スマホのメモ帳にどんどんくだらない団扇ネタが溜まっていくれいさんです。

ふと見直してみたら「わた市とはNice to meet youですね」とか書いてありました。これをメモ帳に書いたときの自分の感情が知りたいとです(真顔)

まぁ兎に角ツアーが楽しみですね!!!




さてさて、今回の記事なんですけど、
先に言っておきます。
NEWSについての懐古です。めっちゃセンチメンタルです。なんだかクサい記事になってます。
普段は多角的な意見を書くように意識しているけれど、今回は自分の見方に偏った書き方をしてます。
あと、多少の貶しのようなものを含んでいるので、嫌な思いをさせてしまう気がする。
だから「昔のことに何浸ってんだよ~」って思ってしまう方等にはオススメしません。今の内にUターンすることをオススメします。
あ、ついでに言っておくと、古参ぶるつもりも毛頭無いんですよ!?所詮私も六人時代入りという途中参加のファンですから!笑




記事タイトル『約10年間NEWSを見続けたファンが、丸6年ぶりに四季魂・宝石魂を観た話』

なんでこんなことしようと思ったのかというと、私、今まで四人じゃないNEWSを観られなかったんです。
…言っている意味がよく解らないとは思います。が、私も何でかよく解らないけど、怖くて四人じゃないNEWSをずっと観られなかったんです。NEWSが四人になった時からずーっとずっと何年も。

今読んでる人の中には「おおん???」と思っている人や、「は?」と引いている人や、もしかしたら、もしかしたら「同じだ」という人がいるのではないでしょうか。
…余り理解されないことは重々承知で書いていきます。
何故それでも書くのかというと、私の中でずっと「観られない」ことが大きな問題だったからなんです。
実は四人になる以前の曲を聴けるようになったのはここ一年くらいの話。DVDに焼いた昔のMステが観られるようになったのもつい最近のことです。
しかし、どーーーしても、どうしても昔のライブDVDを観る踏ん切りは着かなかった…中学生の時は死ぬほど繰り返し観てたのにな…Pちゃんとか亮ちゃんとかが出てると思うとどうしても観られなかった…

と、思うのと同時に、何となく「これは乗り越えなければならない壁」だとも感じていたのです。いつまでもよくわからないモヤモヤした感情を抱えたまま過去のライブDVDが観られず、彼らを応援しているのは好くないのではないか、と。



そんなある日のことでした。
2017年1月1日、アブナイ夜会でなんとコヤシゲが山Pと亮ちゃんについての話をし出したのである。
泣いた。新年早々深夜に泣いた。
「(あの二人は)グループの看板背負ってくれてたんだなって思っちゃった」という小山さんの言葉に、私も今まで見えていなかったものに気付けたような気がした。


「あれ…なんか今なら観られる気がする…」


突如として私はそう思った。
そう、NEWSが二人について語れるようになった今、私も、大好きだった過去のNEWSを観られるのではないか…と。



かくして後日、深夜の一人鑑賞会は決行されたのである。。

ところで全く関係ないのですが、私は今自分の思うがまま、考えなしに文章を書いているので、ここまでの文章の文体のまとまりの無さが気になって仕方がない(真顔)
読んでくれてる人まじごめんよ…普段は一応構成とかちゃんと考えて書いてるんだよ…




…で!鑑賞会を決行した訳ですよ!笑

NEWSのグッズを入れている棚から取り出しましたよ、四季魂。
(知らない人の為に説明すると、四季魂とは、NEWSから山下智久錦戸亮の2人が脱退する一年前に行われた、六人体制最後のコンサートのこと)
何年ぶりに開いたことか、このパッケージと思いながらDVDを再生機器にセット。
再生する前に、なんでか深呼吸をした。

深呼吸をしながら考えた。
「結局、どうして私はこのDVDを観られなかったのかな」と。
そこで出た答えは、このDVDを観て純粋に楽しめないと思ったから、ということ。中学生の頃、あんなに繰り返し楽しく観ていたこのDVDを、あの頃みたいに楽しんで観られる自信が無い。
それともう一つ。昔と比べて今のNEWSは、根本的に色が変わってしまったと思い込んでいたからだ。何となく心の奥底でそう思っていたことを、改めてはっきりと認めるのは、何だか大好きだった過去のNEWSが消えてしまうようで、怖くてできなかった。


そんな心の整理を頭の中でしている間にDVDは再生を始めた。

「キャーーー!!!」

(゚Д゚)!?!?!?
再生を始めた途端、驚愕した。

歓声が!!!若い!!!wwwww
なんでか分からないけれど、今と歓声の色が違う。そのことに「うへー、こんな空気だったっけなぁー」と、ただただ驚くばかりだった。

六つの会場の隅で割れる風船の中からそれぞれ現れるNEWS。そこから中央のステージへ向かってメンバーが集まってくる…

「え、何これめっちゃQUARTETTOじゃん(真顔)」

決して珍しいオープニングのやり方ではないんですけどね。同じ演出だったから、何となく「QUARTETTOは四季魂のオマージュなのかな」と思ったりした。


そんなことを思っている間にライブはスタート。

はじめはABO。ABOの手越Cメロの「Fu~!」って、この時からあったんだなぁー(しみじみ)
ABOラストの手越さんの「アァアー↑」の時のどや顔見てたら、「あ、変わってない」と直感的に思った。心の奥底で、今とまるで別人だとでも思っていたんですかね。

と、この辺りで私、とんでもない発見をし出す。

「亮ちゃんのマイクが黄色い…だと…!?」

※私の中のりょますの亡霊が騒ぎ出した
本当はまっすーと交換してたとかじゃなくて、みんなメンバーカラーのマイクを持っていた訳じゃなかっただけなんですけど笑(あ、あれ…亮ちゃんエイトの時のメンカラって…(文章はここで途切れている))
りょます好きだったなぁ~笑、と思い出に浸る瞬間であった。
(知らない方の為に説明すると、りょますとはRYO NISHIKIDOとTAKAHISA MASUDAの二人のことを指し、その昔「まっすーを雑に可愛がる亮ちゃん」と「亮ちゃんを慕っているまっすー」という関係図で人気を博していたコンビなのである)

さくらガールの衣装はドクロ全盛期で笑ったし(ひどい)、
サマタイ観てたら「このPV大好きすぎて何回も何十回も観たなぁ」って思い出したし、
「シゲ…ほんとに歌上手くなったな…」って感慨深くなったし、
亮ちゃんのオープニングの挨拶可愛すぎて笑いが込み上げてきたし…



と、ここまで観て、私はある重大な事実に気がついた。




「私このDVD全然観たことないわ(真顔)」


そう、私は四季魂をあんまり再生したことがなかったのである。道理で観ていても全然ノスタルジックにならないわけだよ!!!笑

と、気がついたのも、観ながらなんとなーく「みんな今の方がライブ楽しそうだなー」と感じたからなのです。そして、「あれ?今の感情デジャヴ…」と思ってしまったが為に…

そう。四季魂発売当初も「何かこのライブ、みんないつもみたいに楽しそうじゃないな」と感じていたのです。だから言うほど回数を重ねて再生をしていなかった。
私の記憶が正しければ、当時この感想は私だけでなく、多くのNEWSファンが同じく抱えていた感想だったはず。このライブの頃から、ファンは秘かに山下・錦戸の脱退を予期していたのではなかっただろうか。。



と、いうわけで私は四季魂のディスクを取り出し、宝石魂を観ることにした。笑

観ながら思ったことをつらつら書いていく。


まず、

小山慶一郎がチャラい(爆笑)

いやwww時々NEWS好きな友達と「まだチャラかった頃の小山慶一郎」をネタに話すことは確かにあるんだけどwwwww久々に動いている実物を見ると今とのギャップがヤバいwwwww
掛け声もなんかチャラい。(今の姿を思い出しながら)どうしてこうなった(逆の意味で)。

で、手越が若い若い若い若い若い若い。
赤ちゃんかよ天使かよ…いやいまでも天使だけどさ…

ここで気付いたんだけど、今のDVDよりこの頃のDVDは観客の声をめっちゃ拾ってるなって。それだけ今のDVDは歌を売りに・自信にできてるってことかな?

あと、シゲが全然映らない。


懐かしのガンガンガンバッテ!
この振り付けを今も覚えてて出来る人ってどれだけいるんだろう。
少なくとも今年のコンサートで突然これが来ても私は思い出せない笑


この、手越さんの今みたいにガツガツしてない感じ、野暮ったい感じ、必死に努力してるのが滲み出てるカンジ懐かしいなぁ~。

あとシゲのこの自分に酔ってる感じも懐かしい笑
小山Pもなつい笑(※小山+山Pのコンビのこと)
銀座ラプソディとかね!あと恋のABOの合いの手とか!笑笑
恋のABOでヘイヘイヘイ出たとき…かな???(記憶が曖昧)チャラ山慶一郎さんの抱いてセニョリータの合いの手が最高なので、ご覧になった事が無い方は是非…!


バンビーナはそろそろもう一回コンサートでやるべきですよね(真顔)
そういえば手越さん、昔亮ちゃんにパソコン?貸したらめっちゃエロい自作の歌詞出てきたとか暴露されてたことあるよな。あれもヘイヘイヘイだよな…多分ハピバスかサマタイの時…


天の声「もしかして今の小学生はHEY!HEY!HEY!とか知らないんじゃね」
私「エ゛ッ゛」



愛マタ(手越ソロ)の間奏のダンスが好っきゃねん!!!!

しかし、改めて観ると今と違うな~と思った。
こういうダンスの時、今なら絶対力強い目で前を見据えて踊るよな~下見て顔が帽子で隠れるなんてこと絶対しないよな~、みたいな。
そういえばこの頃は「グループの帽子担当」みたいな節がありましたよね。音楽番組出ると手越さんだけ帽子被ってて…割と好きだった(真顔)

f:id:reirei9999:20170119140149j:plain

で、そんな若かりし頃の手越さんを観ながら思ってしまった。
こんなに必死に頑張っている手越さんが、今では「NEWSとのラブラブデートファイナルへようこそー!」とか言って、ライブを盛り上げていて、グループを引っ張っていて…
その荷の重さと彼の成長に、つい泣きそうになってしまった。
「NEWSの顔になってやろう」という彼の気持ちは、半端じゃなかったんだなぁって。

一方で、増田さんは全然変わらないですよね。
いや、私が気がついてないだけで、長く見てる増田担からしたら変わったのかもしれないけれど。
私には、彼は「変わらない努力」をしているように思える。

シゲを見て思ったのは、去年の24の宣伝の時のしゃべくりの話とかを思い出しては、この時そんなに自意識と戦っていたのか、ということ。
そのリアルタイムが映像として残され、今画面に映っている訳でしょう?そしてそれを乗り越えた加藤シゲアキが今NEWSのメンバーとして活躍しているんでしょう?
本人の存在自体がマンガすぎて泣く。

慶ちゃんは…昔のことを思い出したなぁ…
本当は掘り返すべきじゃないのはわかってるんです。先に謝ります、ごめんなさい。しかし書く。
昔、彼は本当によくネットで叩かれていた。特にジュニアのファンに。言葉足らずなだけだったんだと思うんですけどね。根が優しい人なのは昔からだし。
でも、おかげで私は昔、慶ちゃんのことが少し苦手でした(ほんとにすみません、今では土下座したいくらい)。
キャスターやるって知ったときも、失礼ながらに「本当に大丈夫なの?生放送だよ?」とモヤモヤしてしまった。
でも、今となってはevery.までに家に帰れない日を悲しく思うくらいになった。冗談抜きでシエクスーンの新人アナウンサーよりも100倍信頼できるキャスターだと思う。
昔だったら、こんな感情を持つなんて有り得なかった。自分の感情の変化に不思議さを覚えるばかりです。(あと土下座したい気持ちが日に日に募る)
今じゃ好感度芸人だもんなぁ…おかげで私の母もコヤシゲ夜会やらなんやらを観ながら「慶ちゃん可愛い」を連呼していますよ…
私も慶ちゃん大好きです。
こんな環境やらの変化が起きたのも、本人の凄まじい努力があってこそ、なんですよね、いや、そうに違いない。
彼の本当に凄いところは私はそこだと思う。なんてことを思ってはまた感慨にふけって、泣きそうになる。笑



結論から言うと、「昔のDVDは意外と普通に観られた」
自分でもビックリ笑

なんでか。考えてみてすぐに判った。

「今のNEWSの方がずっと魅力的だから」

今の方が全員がキラキラして輝いて見えるんです、本当に。全員が主役にちゃんと見える。

「四人になって良かった」では決して無く、ね。コヤシゲ夜会2017で言っていたように。
私も、もし4人じゃないNEWSが上手くいって今の時間に残っていたとしたら、それはそれで成功していたんだと思う。というか思いたい。じゃないと彼らが大切にしている過去も、自分の大好きだった過去のNEWSも否定することになる。


あと普通に観られた理由のもう一つは、「自分の中で昔のNEWSと今のNEWSが繋がったから」かな。
前述したように、全ッ然上手く言葉に表せないんですけど、昔のNEWSと今のNEWSは四人になった時を境に根本的に色が変わってしまったんだと思い込んでいまして。
でも実際に観てみたら、色なんて変わった訳じゃなかったんですよね。同じ人なんだから変わる訳ないし。ただの過去なんです。過去と今は地続きなんです。昔の映像観ててもどこか今と同じ香りがするんです。それに気付けたら、私の好きなNEWSは今も生きているんだと安心しました。ごめん、書いてて自分でも意味がわからない(耐えきれずセルフツッコミ)
感情のニュアンスだけ伝わればと思います…笑

ハッ こんなことを書いている時の作業用BGMがいつの間にかフルスイングに。
宝石魂の時にフルスイングなんて曲を泣きながら歌う未来がくるなんて思ってなかったよなぁ~アァア~(号泣)
私、美恋の映像よりも昔の映像にフルスイング重ねた方が泣けるかも知れない。今度暇だったら作ろう(安直)



もしかしたら、もしかしたらなんですけれど、この記事を読んでくれている人の中には、私と同じで昔のNEWSが観られない人がいるのかも知れない。
観られない人にしか共感できないトラウマのような感情があります。
だからこそそんな人に言いたい。

「観て損は無い」

もしかしたら号泣するかも知れない、落ち込むかも知れない。
私の周りにも、昔の話をしてはつい暗くなってしまう友達がいます。この間の少プレで恋焼けが披露された後に、「亮ちゃん…」って寂しそうに呟いている人も沢山見た。昔から応援してる人ほど傷を抱えてる。気にしないで済む人も勿論いるんだけどね。
でも観られなくなってた人は観たら観たで、何か必ず得るものがあると思うんです。勇気を出して観てみることを私は勧めたい。



まとめと致しましては…うーん…
昔のDVDを観たことで、今のNEWSを心から好きと思えるようになった!
かな。笑
やっぱり魅力的だよ!今のNEWSは最高に!
あんなに芸術的なコンサートを出来るグループ他に無い。
売れて欲しい…売れて欲しいなぁ…日本国民全員にNEWSの良さ知ってもらいたいなぁ…ッ(結局そこに行き着く)
あ~~~~!とりあえず変ラボゴールデンに持ってくるところからはじめよ!?笑
日テレさん、どうか、頼む!!!笑






結論。

観てよかった。
過去のNEWSも今のNEWSも、ちゃんと大好きだ。